FC2ブログ

まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

第1回公認心理師国家試験

こんにちは、まりんたまです。

というわけで、公認心理師の試験を受けてきました。

IMG_4608.jpg


受験地近くには、こんな感じで可愛いお姉さんが道案内してくれていましたので迷いません。

IMG_4607.jpg

といっても、駅からほぼ真っ直ぐだったんですけどね。


学校の中は広かったですが、各場所に案内係がいましたし、教室まで地図を見ながら行けるので迷わずに自分の教室まで行けました。
IMG_4610.jpg


試験を終えての感想といたしましては、

はっきり言って手応えなかったです。

勉強したところはあまり出なかったし、事例問題も曖昧な選択肢ばかりだったし・・・

午前午後ともに77問づつの各2時間。

ゆっくり問題を読みながら解いても時間が余りました。

さらに、5つの選択肢の中から1つ選ぶ問題、4つの選択肢から不適切を1つ、5つから2つという感じも問題が出題されましたが、ここまでが5つで、ここからは4つの選択肢だよ、といった感じでバラバラで出題されることはありませんでした。


私が問題を解いているときは「ほえ~、わからん・・・。臨床心理士たちはこんな問題もわかるんやね~」と思いましたが、職場で一緒の心理士さんに感想を聞くと「何あの試験!わからないっていうか、あんな問題を出題しておいて、国が将来どんな公認心理師像を期待しているのか全くわからない!ってかさぁ・・・せん妄のリスク因子の選択肢に『女性』って何だよ!『性差』とか『女性に多い』とかならまだしも、『女性』は病気かよっての!」と言っていました。

答え合わせはまだしていませんが、おそらく来年も受験すると思いますので今年の受験票はキッチリとっておきましょうね。

あ、あと私が受験した教室では、どこかからかはわかりませんでしたが小さい音で音楽がずっと流れていました。不合格の言い訳にはなりませんが集中できませんでしたよ。

教室でキョロキョロしている人も多かったので、私以外にも気になっていたはず。

PageTop

公認心理師受験への道のり③

突然、日本心理研修センターから簡易書留で大事そうな書類が封筒で届きました。

試験10日前なのになんのお知らせだろ?

こんな急な時期に送ってくるくらいだから、よっぽど大事なことに違いない!

まさか今頃になって、やっぱり受験資格は認めませんみたいな通知が入っているのかな?

恐る恐る生唾を飲みながら開けてみます。


中に入っていた書類は・・・・









CCI_000036-2.jpg

この書類と以前郵送した現任者講習会の修了書。





あのさぁ・・・

良い言い方をすれば丁寧なんだろうけど、すごく無駄だよね。

どうせ研修実施機関からも修了者名簿をもらっているはずなんだから、最初から返すつもりだったらコピーでよかったじゃん。

こんな書類を返すためだけに、申請者全員に簡易書留で返すなんてどんだけお金を使ってるんだ。

人件費だってバカにならない。

いくらはじめての国家試験だからと言っても、社会福祉士や精神保健福祉士を担当している社会福祉振興・試験センターとかに進め方聞かなかったの?

試験地が後から後から追加されたり、書類を揃えて提出しているのに受験資格を認めなかったりなど、結構トホホなところが見受けられます。

試験当日にも一波乱起きなければいいんですが・・・

PageTop