FC2ブログ

まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

公認心理師受験への道のり②

前回は受験に関する概要を説明しましたが、詳しくはグーグルなどで詳しく検索してください。

私のサイトより詳しくわかりやすく説明してくれているところはたくさんありますので。


・・・でも、ここまで説明しといて、不合格だったらかっこ悪いなぁ・・・




5年の実務経験がある人は、あと「現任者講習会」を受ければオッケーですが、ちょいとハードルがあります。

現任者講習会は心理系の様々な協会がやっていました。

来年は大丈夫と思いますが、今年度は講習会への申込みの競争率が高かったです。

私も冷やかし程度に受験しようと思ったのが3月くらい。

そのときにはほとんどの会場が締め切りになっていたのですが、「国際心理支援協会」さんの4月研修がギリギリ募集をしており、申し込んだところ、厳選な抽選でなんとか選ばれたのでした。

4月に仙台へ行っていたのは、実はこの研修だったんですね。

全4日の研修を無事終えて、修了書を頂いてきました。

CCF_000001-2.jpg

研修の内容はよそのブログでも紹介しているように現任者講習会テキストに沿ったものでかなり基本的な内容を確認していくような感じでした。

この協会は関西にあるんですかね?協会の人は関西弁、講師の先生方も関西で活躍されている人ばかりでした。

他の協会の研修を受けた人の感想を聞くと、「DVDを流していただけだったのでつまらなかった」との話を聞きます。

しかし国際心理支援協会さんの研修は全講義にしっかり講師が説明をしていき、関西系だからなのか、ちょいちょい笑いを入れては楽しく進行していました。

さらに、他の協会よりも研修費が5000円安い!

個人的にはこの協会の研修をおすすめです。

PageTop

公認心理師受験への道のり①

さて、来月に公認心理師の受験を控えたまりんたまですが、なんとなく受験票まで来たわけではないので、その流れを少し説明していきます。

公認心理師は、社会福祉士や精神保健福祉士と同じように、受験資格がいくつかあります。

原則としては「心理系大学院を卒業した人」との位置づけで作られた資格なので、やっぱり心理系大学院卒業の人ですが、

まだ資格制度が公布されて時間が立っていないので、厚生労働省が認める心理系大学院のカリキュラムをこなして卒業した人はまだいません。

すでに卒業している人が、科目読み替え等で受験できるルートがあります。

しかし現在一番簡単なのはおそらく「Gルート」と呼ばれる実務経験の人の受験資格で行くことです。

このGルートは「心理系の実務経験5年 + 現任者講習」でオッケーであり、まりんたまもこの受験ルートで挑みます。

まりんたまが卒業している大学院は東北福祉大学大学院の社会福祉学専攻だけですので、他のルートでは無理です。



では、このGルートの説明です。

厚生労働省が認める以下の施設での実務経験が5年。


①保健医療分野
病院、診療所
介護療養型医療施設
保健所又は市町村保健センター
精神保健福祉センター
介護老人保健施設

②福祉分野
障害福祉サービス事業、相談支援事業を行う施設、
基幹相談支援センター、障害者支援施設
地域活動支援センター
福祉ホーム
障害児通所支援事業、障害児相談支援事業を行う施設
児童福祉施設
児童相談所
地域型保育事業を行う施設
認定こども園
救護施設、更生施設
老人福祉施設
地域包括支援センター
婦人相談所及び婦人保護施設
発達障害者支援センター
福祉事務所、市町村社会福祉協議会
知的障害者更生相談所
ホームレス自立支援事業
若者総合相談センター
国立児童自立支援施設、国立障害者リハビリテーションセンター
独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園

③教育分野
学校
教育委員会

④司法・犯罪分野
裁判所
刑務所、少年刑務所、
拘置所、少年院、少年鑑別所、
婦人補導院、入国者収容所、
保護観察所、更生保護施設

⑤産業・労働分野
組織内健康管理センター・相談室
広域障害者職業センター、地域障害者職業センター、
障害者就業・生活支援センター


それと、実務の内容が以下のもの。

①心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析

②心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助

③心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助



5年という期間へ該当するかどうかは以下の図

20180413145732.png
いくら昔にたくさんの実務経験があっても、法施工日までに休止期間が5年以上ある人(※つまり本当に実務経験があってもそれを書類等で証明できない人)はダメみたいですね。



あと心理関係の実務経験ですが、今の段階で国が認める心理系国家資格を持った人の実務経験は存在しません。

当たり前ですよね。今度がはじめての心理系国家試験なんだから。

だから、上記の施設で働いている人ならば、何だかんだ言ってみんな該当してしまうんじゃ・・・
※受付の仕事です!とか事務専門です!って人以外。

だって、上記の施設にお世話になっている人たちなんて、みんないろいろな悩みを抱えている「心理に関する支援を要する者」ですからね。



あっ、あと最後に大事なこと。

このGルートでの受験は経過措置なので期間が5年と決まっています。

当てはまりそうな人は、自分の実務経験5年を計算して来年に備えましょう。

PageTop

ちちんぶいぶい 秩父 その2

秩父グルメを堪能したあとはお参りに行きました。

秩父神社ですね。
IMG_4561.jpg

IMG_4562.jpg

秩父駅のすぐ近くにあるので便利です。

三峯神社も気になっていましたが、遠すぎ・・・


こちらは有名なフクロウさんです。
IMG_4566.jpg

ちょっとぼやけていますが、神社のそれぞれの側面にいろいろな動物が描かれていますので、残りはぜひ直接ご覧ください。


フクロウさんは知恵のシンボルらしいので、しっかり公認心理師の合格祈願をしてきました。
IMG_4567.jpg


あの水瀬いのりさんも来ていますね。
IMG_4560.jpg


さて、水瀬さん繋がりですが、ここ秩父はアニメの聖地でもあります。

駅に隣接されているお土産屋さんにはいろいろなものが売っています。
IMG_4570.jpg

皆さんご存知、秩父名物、「あのはな」と「ここさけ」です。
IMG_4571.jpg


IMG_4572.jpg


特設コーナーが設けられていました。
IMG_4573.jpg


IMG_4574.jpg
めんまちゃん達一同「みなさんを待ってますね!」

PageTop

公認心理師国家試験

突然ですが、まりんたまは第1回公認心理師国家試験を受験することをここに誓います!

実は前々から申し込んでいたのですが、ブログに発表できないままでいました。

ここで発表して落ちたらかっこ悪いと思って、合格したらその時に発表しようかと思っていましたが、

そもそも、まりんたまってそんなにかっこよくないじゃん!

むしろ不合格までをしっかりレポートするのがまりんたまなんじゃないの!?

って思いまして、発表することにしました。


なぜこのタイミングかというと、本日受験票が届いたからです。

IMG_4580.jpg

こんな感じで簡易書留で送られてきます。

てっきりペリペリはがきだけの状態で来るかと思っていました。

いろいろ封筒にはいっているようなので、開けてみます。


まずは1枚め。
CCI_000031.jpg

調査書なるものが入っています。

最初の受験申込の時にすでに答えているはずなんですがね。


それで次に、現任者講習会のアンケート。
CCI_000032.jpg

ここは、来年以降も参考にしていこうというところでしょうね。


3枚目はお知らせです。
CCI_000033.jpgCCI_000034.jpg

表裏で1枚。

あとは返信用封筒と、受験票です。


IMG_4581.jpg

ミシン目で切ってくれとあるので、気をつけて丁寧に切っていきます。


すると中身はこんな感じ。
IMG_4582.jpg

当日の注意事項が載っています。


そして、大事なところです。
CCI_000035.jpg

私の試験会場は世田谷の日大だそうです。

一緒の人がんばりましょう!

受験票がまだ届かないという方はこちらへどうぞ。
一般財団法人 日本心理研修センター 公認心理師試験

PageTop

クレジットカード不正利用の続き

前回の続きです。

ネットで確認をしたら驚いてしまい、一瞬止まってしまいましたが、すぐに電話をしてストップしてもらいました。

それでもすでに使われていたんですがね。

仕事から帰ってきたところなので、夜中の電話です。


まりんたま「クレジットカードが不正利用されているんですが」

オペ子「ただいま確認いたします・・・・ああ~このiTunsですね!」

まりんたま(見て一瞬でわかるのかい!)「そうです」

オペ子「では利用をストップいたしますがよろしいですか?」

まりんたま(いいもないもとりあえずはそれしか無いでしょ!)「お願いします。それと再発行なんですが・・・」


オペ子「ただいま受付時間を過ぎていますので再発行の手続きはできません。」


まりんたま(それじゃしょうがないね)「わかりました」

オペ子「あと、Appleへ確認をする際に、個人情報を提供することになると思いますがよろしいですか?」

まりんたま「いいです。お願いします。」



というわけで確認をとってもらうことにしました。

それで、1週間ほど立った頃にメールが届きました。


rakutenmail.jpg


ということらしいです。

まだ引き落とし前だったので、確定金額が修正されていました。


あと、ストップした次の日の昼間に再発行の電話をしたんですが、

オペ子「再発行の際に改めて審査を行いますが、お客様のご希望に添えないこともあります。」

と言われたときは焦ったね。

つまり審査結果で発行しないってこともあるってことでしょ。

楽天は変なところで審査が厳しいとか言われているし・・・

と思っていたら、1週間立たずに新しいカードが送られてきました。

よかったよかった。

でも引き落としをカードにしていたところに改めて手続きし直しですよ。

PageTop