まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

科目履修

さて、次は科目履修での考え方です。

以後お話しすることは原則3年次入学のケースを想定して書いていきます。

1年からの入学の人は、適宜読み替えてください。




3年次入学の人は、卒業要件の単位数が88単位です。

そのうち、卒論分の8単位が入っていますが、これはレポートとか科目試験と関係ないものなので、実質80単位をレポートやスクーリング、科目試験で取っていくこととなります。

そして、1科目あたり4単位(例外的に2単位)ですので、約20科目ほどを合格させればいいという計算になります。


この80単位とは別に、面接授業単位というものもあります。

夏スクーリング、短期スクーリング、オンデマンド後の科目試験にて取得可能です。

4単位の科目は面接授業単位が2単位設定されており、この単位も卒業要件として15単位を取らなければ行けません。

詳しくは中央通信のwebを参考に。

1科目あたり2単位ですので、面接授業は最低でも8回受けないといけないという計算ですね。

さらに、この面接授業単位は15単位の内、4単位は東京の本校や関連校でのスクーリングでないといけません(学内面接授業単位)。




以上、これらの話しを総合します。

できるだけ安くしたいという希望がある人が多いと思いますが、以上の話しより、最低限の支出で卒業を目指す方は、

・東京に短期スクーリング:2科目
・オンデマンド受講:6科目
・レポート4通&科目試験:約12科目

ということになります。


そして、ここから履修のお話になりますが、レポートを通すのが大変で、かつ、科目試験が難しい科目を短期スクーリングやオンデマンド授業でこなしていくことが一番楽なんでしょうが、そもそも最初に難しい科目は履修しないということが大事ですね。

では、何を履修したらいいのか、何を履修してはいけないのか、を今後書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

中央大学通信教育攻略総論

卒業要件の単位も無事に満たし、残りは卒論のみとなったまりんたまです。

あまり勉強をしなかった私でもここまでこぎ着けられたので、その方法というか、コツみたいなものを、いろいろ質問が多かった所などを交えながらお答えしていきたいと思います。

まだ卒業もしていないのに偉そうにとか思う人もいるかもしれませんが、そこはスルーしてくださいね。

あまり書くネタがなくなってきたためでもあるのですが。

また、これから私のいう情報は、独断と偏見に満ちていて、しっかりとした根拠などがあるわけではありませんので。


記念すべき第1回は総論と題して、入学に関することを書いていきます。



Q1 入学しても卒業が難しいって聞くけど、私でも卒業までがんばれるかなぁ?


A1 う~ん、この質問については人それぞれとしか・・・。


この通信教育に挑戦する人をケース別に分類してみますね。


Q1-a)甲子23歳♀、仕事がとてもはかどっています!友達もたくさんで仕事後は一緒に女子会に行くから毎日が楽しい。彼氏とも順調で週末は一緒によくお出かけします。この勢いで中央通信も卒業目指します!

A1-a)毎日がとても楽しいリア充(リアルな生活が充実している人)にはあまりオススメできないような・・・。
友達や彼氏彼女と一緒の時間がたくさんで楽しく、時間が足りないくらいの人では、勉強する時間はないと思います。
ムリしないで、そのままの生活を維持していくことが一番幸せだと思います。


Q1-b)乙太郎19歳♂、大学に合格できませんでした。通信なら誰でも入れるっていうし、大学の代わりに通信教育を始めようと思うんだけど・・・

A1-b)やめといた方がいいです。受験勉強さえままならない者が、中央通信での独学を4年間がんばれると思いません。親に甘えられるなら、浪人中に一生懸命勉強して、次の年に普通の通学課程の大学に行くことをオススメします。


Q1-c)丙男40歳♂、この通信教育で卒業を目指すため、今の仕事を辞めようと思います。どうでしょうか?

A1-c)仕事やめるな!仕事を辞めるとか一生をかけるほどの価値は、この通信教育に無いです。
ただし、
今後20~30年遊んで暮らせるほどの貯金があり、卒業後は大学院に行くとかして法律を一生の仕事としてがんばるんだ!
という人ならいいんじゃないでしょうか。でも茨の道を歩む人生を覚悟してください。


Q1-d)丁美29歳♀、仕事は一応がんばっているけど張り合いがない。彼氏や友達もいないから暇をもてあましがち。特に趣味もなくて、どこにも出かけないから毎日がつまらない。通信教育でもやってみようかなぁ・・・。

Q1-d)超オススメ!空いた時間に読書感覚で教科書を読みましょう。暇つぶしの感覚で。




Q2 入学したいけど、最初の書類選考で落とされちゃうかもしれない・・・。

A2 その心配はありません。最初の申請用紙にをしっかり書けるならば落ちることはないと思います。
大学側も最近は入学者数が減って大変なようですし、希望者をよっぽどでもない限り不合格にすることはないと思います。


Q3 法律なんて今までノータッチだったのでさっぱりですが、勉強できるのでしょうか?

A3 みんなそうです。私もそうでした。そのためにレポート採点で指導を受けることができるのです。レポートの料金なんて1通30円ですし、どんどん指導を受けるつもりで、どんどんレポートを出しましょう。インストラクターも分かってくれています。


Q4 超田舎に住んでいるんですけど、大丈夫なんでしょうか?

A4 さすがに田舎の人の場合は、図書館での参考文献やスクーリングの負担などで、都会者に比べてハンディキャップがあるのが事実です。でも努力で十分カバーできる範囲だと思います。
ちなみに、私も超田舎(人口が少なすぎて小学校が複式学級)ですが、がんばっています。



こんな所でしょうか。

今後も引き続いて、いろいろ気づいたことを書いていきたいと思います。

PageTop

先々週くらいに卒論レポが帰ってきましたが・・・

今のところ卒論レポートは全くの手つかず。

なんだか中だるみのような感じで、なかなかやる気が出てきません。

他のブロガーさんの「卒論レポをまだ作っていない」記事を見ると仲間がいるようでほっとするのですが、根本的な解決にはまったくなっていないんですよね。

結局卒論手つかずのままだし。


卒論を早くやらなきゃとは思いつつも、また悪い癖が出てきました。

IMG_0061.jpg

また、ゲームを買ってしまいました。

中古だったので、全部で2200円です。

このゲームどうしよう…。

PageTop

民5短スク@盛岡結果発表

6月の始めにいってきた短期スクーリングの結果が届きました。
min.jpg

晴れて「A」で合格です。よかった。



無題

これで面接授業単位も16となり、卒業ラインの15を突破しました。

残すは卒論のみです。

PageTop

ホワイト企業?ブラック企業?

毎年この時期になると、中央通信の各ブロガーさん達は、夏スクーリングの話しで持ちきりになります。

私なんかは仕事の都合上、1週間の休みを取るなんてなかなかできませんので、鼻から夏スクーリングには参加する気はありませんし、考えたこともない。

だから、参加できる人はうらやましいね~、なんて思っているだけなのですが、いつも疑問に思っていることがあります。


中央通信のブロガーさん達は、なんでそんなに長期の休みを取れるの?

みんな、そんな超優良な企業にお勤めなんでしょうか?

私はそんな優良企業を見たことがありませんので。



私は、今では独立して暇をもてあましていますが、そこそこ大きいところで働いていたこともあります。

学校を卒業して初めて就職したところでは、勤務時間7:00~22:00くらいでした。

朝は5時に起き、6時には会社の寮を出て出勤の毎日。

夜は11時頃に帰ってきて、ご飯を食べて、すぐ12時に寝ます。

終わりの時間の22:00の所ですが、月の中頃後半は23:00くらいに終わっていて、それ以外の日でたまに21:00位に終わることがあった程度。

21:00以前に終わることは皆無でした。

月の休みは6日のみ。(日曜4日と、土曜半日4日を合わせた感じの2日で、合計6日)

月に約25日勤務で1日約14時間労働(1時間ほど昼休憩あり)。

正規労働時間の8時間以外は残業と考えると、1日の残業時間が6時間なので、1ヶ月の残業時間が約150時間ということに。

私は当時入ったばかりなので夜には帰れていましたが、主任クラスの人は終電に乗れず毎日泊まり込みです。

もちろん、残業手当などあるはずがありません。

それどころか、「業種的にウチの会社は労働基準法を守らなくてもよい!」と職員を騙していました。

そんな調子なので、職員はみんな疲れ果てています。

だから遅刻も多いのですが、1分でも遅刻するとその日は有給を使わされ、有休を使っているのにもかかわらず、そのまま働かされます。

さらに、夏になると強制参加の泊まり込みキャンプ等イベントがあり、社命で参加するにもかかわらず、その日も有休を使わされます。

有給の使い道はこれだけで、自分から自由に使える有給などありません。

給料は20万ほどでしたかね。

当時は平成不況で、就職は大変とのことだったので、雇ってもらえることは喜ばしいことであり、他の会社を知らなかったので、そのまま数年働いていました。


みなさん、こんな会社をどう思いますか?



とまあ、こんな経験を持っているので、よっぽどでもない限り、そこそこのブラック企業でもやっていける根性はあるんじゃないかなと思っております。


それにしても、たくさん休みを取れて、おそらく給料もたくさんもらえているであろう中央通信ブロガーさん達がうらやましいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。