まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

5月科目試験終了

5月の私の試験は終了しました。

すでに終わった方、お疲れ様です。

そして、これから受験の方、がんばって下さいね。



さて、私の試験の結果はというと・・・

実は、受けませんでした!


前泊したのが、温泉付のホテルでして。

朝から早起きして温泉入っていたら、何だかどうでも良くなってきてしまって・・・。

チェックアウトギリギリまで入ってしまい、その頃にはもう受験できる時間は過ぎておりまして・・・。

私の5月科目試験はこのように終了しました。

こんなんじゃ、ダメですね。



それはそうと、卒論がやっと返ってきました。

私への指導内容は、

・基本書をもっとたくさん読みましょう。
・注釈の書き方や参考文献の書き方に気をつけましょう。
・テーマがかなり広いからガンバってね。

といった感じ。

もっと、辛辣に書かれているかと思いきや、意外にさっぱりとした指導だったので、逆に次回提出分をどのように直したらいいか戸惑っています。

思いっきりキツくても、「……は削った方がいい!」とか「……についてたくさん調べてもっと書き込みなさい!」みたいな指導だったらどうすれば分かり易いんですけどね。




5月に入って、予想外のことがバタバタおきてしまい、やるべき仕事がまだまったくこなせていません。

気がついたらあと2週間で終わりです。

ボチボチエンジンを回していかねば。

PageTop

NO勉強、NO合格

ここのところ、いろいろあってバタバタしておりました。

そんなわけで、当然の如く、勉強はしていないのですが、試験は明日に迎えます。

最初からあまり受かる気はなかったので、今更もういいかなって感じもします。

とりあえず、受験には行きますが。


民法3は1時間目から始まるため、前泊をしないといけないので、今日から出発です。

むしろ試験より気になるのが、今日の夜にテレビで放送予定の「風の谷のナウシカ」。



みんな、「なぎ払え!(and 焼き払え!)」は頼んだよ。



ところで、他のブロガーさん達は、卒論がもう返ってきているようですが、私は未だに帰ってきておりません。

今日現在、マイ白門でも返却が空欄になっております。

おそらく、ツッコミどころ満載で、採点している人が首をかしげているんだと思いますが、返ってきた卒論評価をみるのが怖いです。

PageTop

レポート返却

国際法のレポートが返ってきました。

成績は案の定不合格。

このインストもうダメだな。

これ以上つきあっていたら、時間と切手代と労力のムダだと感じました。

新年度の課題に挑戦して、再びこのインストに当たらないよう祈るだけです。



っていうか、どうにかならないもんかね、このインストシステム。

一度採点されたインストは、同じ課題では絶対に変えられないっていうシステムです。

自分で好きなインストラクターを指名できることまでは難しくても、せめて、このインストラクターには採点されたくないっていう拒否権があればいいのに。

はっきりいって、インストラクターの指導力に差がありすぎです。

指導票いっぱいに分かり易く書いてくださるインストもいれば、わずか2~3行のみの指導で終わってしまうインストもいる。

しかも、指導が2~3行だけなのに、不合格にしてしまっているインストもいるから、目も当てられない。

レポート作成の時、文字数がわずか数百文字程度では足りないのとと同様に、指導の文字数が数十文字や数行では足りず、それでは指導として成り立っていないものであると私は思っています。

不合格レポなんだから、指導が数行で済むはずがないんですね。

足りないことや間違っていることがいっぱいあるだろうから不合格にしているはずで、それならば、比例して指導も多くならなければいけないはずなんですね。

不合格レポートならぬ、不合格インストラクターですね。

木川先生(通信教育部長)、ホントにどうにかなりませんか?



あとは、追加履修した科目(女性と福祉)と短期スク分の振込用紙が届いたので、忘れないうちに振込を済ませました。

さらに、短スク(民法5親族・相続)で使うと思われる判例百選を購入。

今後の予定は、短スクの予習と、5月科目試験(民法3)のお勉強ですかね。


他のブロガーさん達は5月科目試験に向けて一生懸命勉強しているようですが、私はまったく勉強しておりません。

もう卒業単位は満たしちゃっているから、あまりやる気がでないんですね。

不合格でもいいから、運良ければ合格すればいいなくらいの気持ちです。



もう5月。

科目試験まであと2週間。

短期スクーリングまであと1ヶ月。

早いものですね。

PageTop