まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

短期スクーリング受講許可証

6月の短期スクーリングの受講証が届きました。

保険法

こんな感じなんですね~。

私は今まで、スクーリングはオンデマンドしか受けたことがなかったので、今回初の短期スクーリングです。

今回保険法を受講する方、一緒によろしくお願いしますね。

PageTop

やっぱり無責任な行政

仕事の書類を出しに行政の窓口にて、

私「すいません。書類を提出したいんですが。」

窓口「はい。」

私「書類の内容はこれでいいでしょうか?間違っていたら書き直しますが…。」

窓口「確認しますのでちょっと待って下さいね。」

私「お願いします。」

窓口「……」

私「……」

窓口「まあ、これで大丈夫です!今後もこんな感じで提出して下さい!」

私「じゃあ、お願いしますね。」


といったやりとりを経て書類を提出したんですが……


提出してから1ヶ月以上もたって電話がありました。


市「以前、提出してもらった書類ですが、内容が間違っているので書き直して下さい!」

私「そうなんですか?でも窓口で渡したときは大丈夫ってお墨付きをいただいたんですが。」

市「でもこの書類ではダメなので…。それに窓口が誰かもわからないですから…。」




やんのかこらー



この言いぐさにかなりイラッときました。

明らかに最初に確認までして受理した行政側が悪いのに、非を認めず、一方的にこちらの責任問題にしている。

こんなの「こちらの不手際でしたので書類を書き直して下さい。」って最初に謝れば、こっちも「わかりました」ってなってそれで終わる話なのに。


私「じゃあ、窓口の人の名前がわかればいいんですか!そもそもあなたの手元にあるってことは、関連職員が受理しているんですよ!しかも1ヶ月以上もたって、あなたが言う間違いにもかかわらず、今まで何してたんですか!」

言ってやりました。別に書類の内容について怒っていませんが、無責任な職員にお灸です。

市「す、すいませんでした…

私「こちらとしてはどのような内容で書くかは何でもかまいませんが、職員によってコロコロ変化してしまったら書類の作成できないでしょ!」

市「は、はい…

まあ、この人あまり反省していなくて、心の中で「このやろ~」とか思っているんでしょうけど。



私としては、人間誰しもミスや間違えること、失敗はあると思います。

ただ、それについて素直に反省しないと、学習しないので同じ間違いを必ずやります。

しいては、それが責任感のない、無責任な仕事となってしまいます。

お役所に多いのは事実ですが、お役所に限らず、ケアマネ、介護関連職員もしっかりと責任を持って自分の仕事にプライドを持って下さいね。

PageTop

にほんブログ村

にほんブログ村に登録してみました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
Ping送信先URL

まあ、気が向いたらクリックしてみて下さい。

PageTop

ブログ通信簿

大学の試験も終了し、次は精神保健福祉士のお勉強です。

とその前にちょっと休憩。

ちょっとおもしろそうなところを見つけました。

ブログ通信簿


これをやってみたら、こんな結果に!

ブログ通信簿


今年は行政書士の受験を目指したいと思います。

受からないと思うけど…。

PageTop

介護サービス情報公表システム(工事中)(笑)

4月に入り、地域に新しい事業所ができたので、めずらしく「介護サービス情報公表システム」とやらを利用して調べてみようと思い立ちました。

しかし、サーバー移行作業中でお休み中。


まあそれならしょうがない、ということだったんですが…、


情報公表


5月12日現在でも停止のままで利用できません。もう1ヶ月以上もこの状態。

サーバーの移行なんて数日でできるだろ!


別に無いなら無いでもいいんですがね。

しかし、事業者から無理やり高いお金を取っているくせに、1ヶ月以上もサーバー移行だから公表しませんでは理由にならない。

高いお金を取っているんだから、移行するにしても1~2日以内で済ませるか、移行作業に数ヶ月を要するならば、最低でもミラーリンクを作成しておかなければいけない!

これって、公表するっていってお金を取っているのに、大きな理由もなく1ヶ月以上も公表しないでお金だけ徴収しっぱなしってのは、立派な詐欺でないですか?

この報告は孔明にとってはショックだった

PageTop