まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

裁判の行方

先日、産婦人科医の裁判において、無罪がでたことでの、私の考えです。

マスコミなどは、この医師が医療ミスを犯したにもかかわらず、無罪という結果が出たとの報道をしており、世間を騒がせています。

詳しいいきさつを知らないので、私なりに調べてみると、某2ちゃんねるで以下のコピペが出てきました。


①妊婦さんに前置胎盤が分かったので出産時の危険性を説明して医大などの
 設備の整った施設での分娩を勧めたが、ここの病院での分娩と子宮温存を希望した

②希望に沿って大野病院で出産することになったが、予見できなかった癒着胎盤が存在して
 力を尽くして処置したが、子宮温存は困難と判断して摘出行い、
 なんとか救命できたかと思った直後に心停止に至り、母体を助けられなかった

③病院・医師の処置や判断や手続きに過誤は認められなかったが、
 不幸な結果に至ったことに対して遺族に全く償いがされないことはあまりに非情ではないかと
 病院内部で検討して”過誤”があったことにして病院から賠償金を支払う決定をした

④遺族はそれでも執刀した医師に対する恨みは消えず、
 遺族とともに墓参りに同行させ、その際に墓前での土下座を要求し医師はそれに従った

⑤福島県警・福島地検は”医療過誤あり”との病院から遺族になされた報告に
 業務上過失致死罪が適応されると判断
 母体死亡から一年以上経過してから、妻の出産を控えている時期に医師を逮捕

⑥妻の出産を控えている時期に医師を逮捕→拘留中に妻は出産、
 医師は自分の子供の出産に立ち会えず。

⑦マスコミが医療過誤として報道するが、癒着胎盤という疾患の難しさを知る医療界は
 全国で不当逮捕ではないかと疑問の声が出る

⑧しかし、そのような抗議を無視して地検は起訴を決定

⑨遺族同情を煽る報道を続けるマスゴミ&踊らされる愚民



この内容が本当かどうかわかりませんが、私なりに考えてみても、無罪が妥当だと思っております。


そもそも医療の世界の患者達は、処置をしなければ死亡してしまう人が多い世界だと思っています。

死亡の可能性がある人を治療等して助かればすごいことであり、亡くなってしまうのはある程度しょうがないことではないでしょうか?
※医師が悪意を持っていたり、明らかにおかしい術式の場合は除きます。

そんな業界において、手を尽くしたにもかかわらず、死亡してしまった結果のたびに医師が有罪になってしまうのはきりがありませんよね。


もしこの裁判において、有罪判決が出ていたら、医師側は患者を選ぶ権利がないとおかしくなってしまいます。

これは医療の崩壊を意味しているのではないでしょうか。


さらにこれって、もう少し広い意味で考えてみると、介護業界でも言えることではないでしょうか?

問題ケース、支援困難ケースはいくらでも断れてしまいます。


以上のような意味で、今回の裁判で無罪がでたことは医師の名誉も含め、業界の概念が守られたことではないでしょうか。


死亡してしまった妊婦さんには冥福を祈りたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

オリンピック 加油!

私はスポーツ観戦がそれなりに好きなので、オリンピックの時期になると楽しみであったりします。

学生時代に柔道をやっていたものですから、やはり柔道は見逃せません。


しかし、最近の柔道はつまらないですねぇ。

外国人選手なんかは特にそうなんですが、捨て身技か力技しかやらない。

ほとんどレスリングの延長で、そこには「柔よく剛を制す」や「小よく大を制す」のイメージは全くありません。

ちょっとよろけたとこで効果や有効を取って、そのまま時間まで逃げるといった作戦も多く見られます。

その逃げ方もかなり露骨!

日本人選手だったら逃げるにしてもしっかり組み合ってせいぜいかけ逃げとかですが、外国人選手はもうやる気無し!

そんな試合を見ていてもおもしろくありませんよね。

まあ、それでも私より強いのですがね。


あと、見ていてかなり気になるのが、試合前とあとの礼がなっていない!

私が学生のことは一番大事なところと教わったはずなのに…。


何はともあれ、日本人選手にはがんばっていただいて、日本の名前を世界中に知らしめて欲しいです。

加油!加油!!


※加油(ジャーヨー)は中国語で「がんばれ!」の意味です。火に油を加えるイメージだそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。