まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

事業所設立その2 定款の作成

今回は定款の作成です。

定款(ていかん)とは会社の法律となるものです。
したがって内容はしっかりしていなければいけないのは当たり前で、細かいところまでけっこう必要となります。

と説明されると
「やっぱり専門家に頼む方がいいのかな…」
となってしまいますが、
どこの会社の定款も内容的にはほとんど同じで、ある程度同じような決まり文句が書いてあるだけなので、いろいろな会社の定款を見て参考にすれば自分でも作ることはできます。

私なんかは定款の漢字の読みすらわかなかった状態でした。

ちなみに私の会社の定款はこれです。

法務省のホームページにも見本があるので参考にしてください。

一人での会社の定款をインターネットで検索すればたくさん出てくると思います。

とりあえず私は定款をWORDで作成しました。


定款がこれでいいなと思ったら、次は認証です。

認証は公証人にしてもらわなければいけません。

近場の公証人さんでは電子認証に対応していなかったので、私は電子認証をしてもらうために、車で2時間ほどの所の公証人役場にお願いしました。

公証人の認証は同じ県であれば誰でもいいらしいのですが、電子認証は対応しているところしかできないので、自分の県の公証人役場を確認しておきます。

ちなみに「役場」とかかれていますが、実際の市役所や町役場とは全然関係ないので気をつけてください。
ってそんなことみんな知っているかもしれませんが、私は知らなかったです。

認証してもらう公証人さんを決めたら電話します。
「定款の認証をお願いしたいのですが…、電子認証をお願いしたんですけど…」
と話したらそのまま話が進みました。

認証をしてもらう前に中身を確認してもらいます。
ここで誤字脱字や内容に間違いがないかチェックしてもらいます。

公証人役場が近所の人は直接行ってチェックしてもらうのがいいと思いますが、
私はなにぶん遠くだったので、定款を印刷してそれをFAXし、電話で直すところを聞きました。

公証人さんからオッケーがでたら、定款に自分の署名をします。




ここで一口メモですが、
電子定款だと何がお得なんだ?という質問に対してです。

普通の紙ベースの定款の場合は認証時に印紙をつけなければいけないらしいです。
その金額は4万円!

公証人さんへ払う手数料をあわせると全部で9万円になってしまいます。

しかし電子文書には印紙税法が適用されないため、電子定款だと印紙代は必要ないのです。

電子定款ならば手数料の5万だけです。
(実際には定款保管料などいろいろ細々したプラスアルファのお金もあるが)

4万円も節約できるならば貧乏人はやるべきですね!




その後の流れですが、電子署名をするためファイルをPDFに変換し、電子署名の流れです。
次回説明していきます。

スポンサーサイト

PageTop

事業所設立その1 事前準備

事業所の設立には介護保険の前に、法人を設立しなくてはいけません。

私は株式会社を設立しましたが、電子定款・認証・申請を一人で行いました。

その流れを感想も交えて説明していきます。


まずは準備から行いました。

オンライン登記申請を行うためにはインターネット環境が必要です。

これについては現在はインターネット人口は多いので省きます。


そのほかに必要となる物は「住民基本台帳カード」です。

リンクを見てもらえればわかりますが、各市町村の管轄で発行されます。

なので、申請は市町村の窓口でします。

そのときに必要となるのは、
・申請書(窓口にあると思われる)
・写真
・免許などの証明書
・お金(500円)
です。

申請からできるまで5日ほどかかりました。
そのときに「できましたよ~」との内容のハガキが届きましたので、それをもって行き、そのときにお金も払いました。


その次は「公的個人認証電子証明書を発行」してもらいます。

これはオンライン申請時に他人のなりすまし申請などを防ぐためらしいですが、とりあえず必要です。

私が申請したときは確定申告の時期だったため、
住民基本台帳カードを受け取ったあと、そのままの流れで窓口の人がやってくれました。

途中の流れの中でパスワード(数字4桁)を決定して入力します。

このパスワードはオンライン申請をするときなどに毎回入力するようになります。忘れないように。

時間は5分ほどで終わり、料金は500円です。

カード代と電子認証代とであわせて1000円です。


あと必要な物としてはカードリーダライターです。

パソコンに接続し、カードリーダライターに住基カードを入れて、ファイルやデータに電子署名をできるようにします。

私はSHARP ICカードリーダ RW4040を購入しました。

ソニーのカードリーダライターがかっこいいなーと思いつつどうせ買うならこれがいいかなと思っていましたが、この製品は公的個人認証には非対応で使えないとのこと。

市町村ごとに対応しているカードリーダライターが違うみたいですので、ご注意を。確認してくださいね。

SHARP ICカードリーダ RW4040は簡易的な感じで業務用チックな箱に入っていました。
ドライバーは付属されていなかったので、ホームページにてダウンロード。

この機械はオンライン申請に必ず使いますし、個人的な確定申告にも使えるので、もってても損はないと思います。


おおっと!大事なことを忘れていました。会社の名前を決めることです。

当然のことですが、同一地域に同じ名前の違う会社があることはおかしいですよね。
自分の地域を管轄している法務局へ行って調べてきましょう。
受付などに閲覧申請書があると思いますのでそれに記入し、自分で調べます。

料金は無料です。

ここで名前をしっかり調べておらず、あとで「その名前は使われているからダメ!」となった場合には、いくら手続きが進んでいても又最初からやり直しとなってしまいます。


会社名がかぶっておらず、これというものに決まったら、印鑑を作成します。

必要な物は
・個人の実印 (必須)
・会社実印 (必須)
・会社銀行印
・会社角印
じゃないでしょうか?

会社銀行印と会社角印は必須ではないと思いますが、多くの会社では用意しているみたいなので、作成しました。

個人の実印は市町村に印鑑登録しておきます。

すでに持っていて印鑑登録してある人は改めて必要ありません。



長くなりましたが、前もっての申請などはこんなもんじゃなかろうかと思います。
なにぶん私は司法書士や行政書士ではないし、一般の素人なので間違っているところがあったら教えてくださいね。

PageTop

株式会社ができました。

やっと法人が立ち上がりました!!

すべて一人でやっていたので、試行錯誤しながら時間がかかってしまいました。

3月15日より有給で3月いっぱいを休みにし、17日からはずっと書類作成ばっかりです。

オッケーがでたのが3月26日。


これから少しずつ書類の流れを説明していきますね。

PageTop

定款作成・認証

定款の認証についてですが、

私は大きな勘違いをしていました。

認証と申請を同じだと思っていたのです。

つまり全ての手続きは法務局で行うものだと思っていました。

法務局で話を聞くと認証は違うみたいですね。

認証については公証人という人にしてもらうとのこと。

公証人って法務局にいるんじゃないの?と思っていましたが、公証人は公証人役場にいるとの話。

役場ってついているから公的機関かと思っていました。

場所を聞いてさっそく公証人役場へ行き話を聞きました。

小さいビルに入っている一室にありました。

ノックをして入ると10畳ほどの広さの事務所。年配の男の方が一人で静かにいました。

ここが公証人役場…?と言いたくなってしまったほどのところ。

田舎なのでしょうがないのかもしれませんが、公証人の方はいろいろ話をしてくれました。かなり丁寧で気さくな人でした。

話を聞いた所、
・ここは田舎なので電子定款はできない。
・最寄の電子定款に対応している公証人役場は車で2時間ほどの所。
・田舎で不況でもあり、会社などを立ち上げる人もあまりいないので、電子定款の設備は整えていない。
ということでしたが、かなり公証人のイメージができました。

帰って公証人をWikipediaで調べます。

いろいろな文書に認証をして、法的に力を持った文書にすることができる。文書に命を吹き込む感じなのかな?

公証人とは一応公務員扱いで法曹資格を取って30年程実務経験をつんだ人ができる様子。

さらに公務員とは言っても独立採算制で自分でくいぶちを稼がないといけないみたい。

さっきのおじさん偉い人だったんだ~とややびっくり。


あまり電子定款に対応している公証人役場へは頻繁にはいけなそうにないので、定款をしっかり作成して、電話で連絡をしてみるようにします。

PageTop

法人設立

春からの開業を目指していろいろ考えています。

ケアマネの事業所を作りたいと思っていますが、その前にまずは法人格をとらないといけません。

私はかなりビンボーなので書士さんには頼まないで、自力で全部の手続きをやっていこうと思います。


最初に法人ですね…。

一番目は「定款」なるものを作らなければならない…。

インターネットなどでいろいろ読み漁り、何とか手探りで進めていきます。

定款を認証するときには「電子定款」なるもので作成でき、その際には「印紙」代がタダになるそう。

じゃあそれで作っていこう!と思いきや、電子署名が必要とか、住民基本台帳カードが必要とか、リーダライターが必要とか、いろいろあるみたい。

とりあえず、住基カードの手続きを済ませました。

10日ほどして役所からはがきが来て取りに来てくださいとのこと。(ハガキ・ハンコ・身分証明書必要)

住基カードができたら、次は認証の手続き。

受付の人がテキパキと順次こなしてくれて、10分程度で終わりました。

田舎すぎて「住基カード?認証?なんですかそれ?」といわれることを覚悟していたのですが、無事に終わって何より。


そして、とりあえず定款を作ってみました。インターネットで例文を参考にしながら。

定款とはその会社の法律になるようなものらしい。

最初はかなり難しく考えていましたが、はっきり言ってどこの会社の定款もほとんど同じです。

大きな会社とかは別にして、一人でやっている会社なんかは一部分が少し変わるだけです。

やってできないことはない!


実は定款を作成する前にやることがあったのです。

会社名を決めて、ハンコを作らなくてはいけません。

会社名…なににしよう……、とその前に!

自分の考えてる会社名が他にないか調べないといけない!(類似商号の検索)

ハンコ作った後で、同じ会社があるからダメ!なんていわれた日にはもう…。

なので、これまた法務局に行って調べてきましたよ。

どうやら自分が考えている同じ名前の会社はないみたい。

これで一歩進めます。


今日のおさらい。

◎会社設立にむけて

①会社名の決定
 ↓
②会社のハンコや代表取締役印の作成
 ↓
③定款の作成

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。