まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

受け持ち件数

突然ですが、最近は特に新規が多いです。

とうとう50件を突破しましたよ!

えっ?減算?
そりゃもちろんです!
っていうより、60件になってさらなる減算の心配がありますよ。

書類がたくさんで煩雑になってきました。



話は変わりますが、私の地域では非常に評判の悪いサービス事業者があります。

その事業所は元893さんという話でかなり有名です。

私自身、詳しくは知らないのですが、新規の人に事業所一覧表を見せると、
「ここって、○○なんでしょ…。ちょっとねぇ…。」
といった反応を必ずされます。

私としては、むしろ
「でももう心を入れ替えてがんばってるじゃん!」
って思っていました。

少なくとも今日までは。


今日、提供票を持って行ったときのことです。

受付に事務の女の人がいました。

事務の人だから詳しく話をしてもわからないだろうな…と思いながら、
一応は軽く説明をしました。

そのあと、事務のひとは、
「今度の4月から小規模から通常規模になったんですよ。」
とのこと。

しかもその訂正を当たり前のように求めてくるような話しぶりで、
淡々と言ってきましてね。

しかもかなり偉そうに、「FAXいきましたよね!」

確かにFAXは来ています。21日付けの日付でね!

私、人生経験は30年ほどしかありませんが、最低限の礼儀というものは心得ているつもりです。


ふつうこのようなときは、もっと早めに連絡すべきでないでしょうか?
それを前の月の後半に連絡してきてもケアマネも暇ではありませんから、
いきなり対応しろとの横柄な行動にはついていけません。

さらに、なぜそんな大事なことをFAXのみで連絡するのか?

ふつうの事業者さんだったら、書類などをもって直接挨拶に来るでしょうね。
いそがしくてそれができないならば、電話という方法もあるわけですが。

おまけに、何でそんなに偉そうな態度を取るのか?
自分たちが無理を言っていることに気づいていないのか?

ふつうの事業者さんだったら、たとえ思っていなくても
「忙しいとは思いますがよろしくお願いします。」
位の気の利いたセリフを言うっーの!


たしかにケアマネが書類などを作らなければいけないので、
内容は間違ってはいませんが、こんなのスジが通らない。


「そっちがその気ならこっちもやってやろーじゃねーか」
とか思いましたね。

とりあえず、通所介護計画を提出させる。
さらにその計画表に対する評価や所見などを毎月連絡させる。
連絡はもちろん書類で。
機能訓練などの加算を取っている場合は、
それらに対する計画表などを提出させ、毎月の連絡もさせる。

これらができなければいっさい給付管理はしません!ってな感じで。

思ったあとで、「でもこれって本当はふつうだよね。」
っていうより、本来あるべき介護保険の姿。
ここまで厳密に求めるケアマネはあまりいないと思いますが。

なにせ敵はヤクザ。
しかも会社の顔でもある受付がこんなにレベルが低いと言うことは、
他の職員もレベルが低いに違いない。
ここまでしても足りないかも…とか思っていたところ。
相手方のケアマネさんから電話がありました。

おそらく事務員の話を聞いたケアマネさんが驚いて電話してきたんでしょうね。
しっかりとした言葉遣いで丁寧に通常規模になったことを説明してくださりました。

多少なりともまともな人もいるもんですね。

しかし今回の件でやっぱりレベルの低い事業者であることを確認したので、
利用者さんにははっきりと誠意を持って対応していこうと思います。
特に新規の人には各事業者の質の違いをしっかりと説明していこうと思います。



私はしばらくケアマネとして仕事をして参りましたが、
ケアマネじゃない人ほどケアマネの仕事に口出ししてくるケースが多いです。

勉強しておらず知らないからといってしまえばそうですが、
あまりにもケアマネの仕事を理解していない人が多い。

そーゆー人ほど偉そうに横柄な態度を取る人が多いのも
この業界のような気がします。

これを読んでいる皆さん、私の気にしすぎでしょうか??

PageTop