まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

認定代行について

私は受験勉強を始めていったとき、大まかな流れを勉強していきました。

認定(申請)について、大まかな流れというと、

①市役所へ行って保険証や書類を提出する。
②市から調査員がきて調べる。
③要介護度が決まり被保険者へ報告。
④ケアマネを紹介してもらい、サービスの利用開始。


…とこんな感じでしょうか。

ケアマネ側からしてみれば、待ってれば利用者が来るので、
それじゃープランを作っていきましょう、ってな流れですよね。

特例として、認定が降りてなく、緊急にサービスの利用が必要だ!って時は、
違う流れになりますが、それは本当の例外的なときだろう…、と思っていました。

実際業務をやっていくと違いがわかってきましたよ。

当然といえば当然なのですが、
ほとんどのパターンでは、認定前にサービスの利用を求めてきます。

私の勤めているところは、福祉用具貸与をやっております。
その流れで、介護保険をよく知らない人が車いすやベッドを借りにきて、
介護保険の説明をしていくような流れになります。

その流れで、それでは介護保険の申請をやりましょう、となります。

勉強の中で一番最初に出てくるスタンダードな内容はあまり使われていなかったのです。

ほとんどは認定前のサービス利用なので、事前申請の方が大切かもしれません。

今でもかなり勉強中ですが、
実際働き始めないとわからない事などが多く、今は新鮮な気持ちです。

この気持ちが長く続けばいいなぁ…。

スポンサーサイト

PageTop

住宅改修

今回は住宅改修です。

はっきり言って住宅改修において、ケアマネの仕事は意見書を書く事です。
しかし、ケアマネに対しては報酬がないのでタダ働きらしいです。

その後にお客様になるかどうかはそのときの対応で…

となりますので、ケアマネとしてはいろいろ知っていなければいけない事が
たくさんあるらしいのです。

とりあえず、最初の内容としては、
受験勉強で出てきた改修の対象となるものですね。

それと、工事の際の納品書等の書類と改修場所の写真です。

市町村によって少し変わってくるかもしれませんが、
一番トラブルの元となるのが、写真らしいです。

改修前と改修後の写真で日付入りでないとダメだという事で、
それを忘れると保険のお金が下りてこないという事です。

今回私が担当したのは、家一件の内装をほとんど変えるくらいの改修で、
利用者さん(の娘夫婦)はかなり気合いを入れています。
おじいちゃんは今現在入院中ですが、帰ってきたら住みやすいようにとの事。
金額もさることながらちょっと怖いです。

しかし注文内容が、
「おじいさんが今は歩行できるくらいだが、将来、車いすになる事をふまえて、
改修を計算し、さらに、あと10年も生きないだろうから(不謹慎ですが)、
あとの家を他の人に貸し出せるような改修」
という事でした。

ケアマネージャーの立場としては、
利用者が住みやすく、かつ、身体機能が低下しないような内容を一番とします。
娘夫婦さんの言う事もわかりますが、それ以上は何とも言えません。
最終的には利用者さんが決定する事なので、それ以上は私は入っていけませんでした。

一応それなりには意見書を書こうとは思いますが、
おじいちゃんの意志はどうなっているのだろうとふと思いました。
娘さん達とおじいちゃんとがしっかり話し合っていて、
みんなが納得済みの改修である事を祈ります。

PageTop

社会福祉主事

もうそろそろ4月になりますね。

年度初めという事で、いろいろな事業所がオープンする時期でもあると思います。

私が勤めているところも、4月からデイサービスを始めると気合いを入れています。

デイサービス(通所介護)などにかかわらず、
いろんな施設には決められた役職の人間をおかなければいけません。

その中でどこの施設でも必要とされる内の一つに「相談員」があります。

相談員とは特に決まった資格ではなく、ただの役職名なので、
ある条件を満たしていればその役職に就く事ができます。

その条件は、県ごとによって少しづつ変わってくるらしいのですが、
社会福祉士、社会福祉主事といったあたりの人が一般的じゃないでしょうか。

そこでさらに細かく見てみます。
「社会福祉主事」ですが、これも決まった資格ではないようです。

少し調べてみました。

「社会福祉主事」とは公務員における役職みたいなものらしいです。
※私もあまり詳しくわかりませんでしたので、責任は持てません。

とにかく、ある特定の条件を満たしていれば、それでOKらしいのですが…

その条件の中に、
4年生大学を卒業して決まった単位を3つ以上取っている事
という事です。

wikipedia 社会福祉主事

調べた結果、私はその条件を満たしていました!

というより、4年生大学を卒業している人ならば、
福祉専門の大学でなくとも、その単位を取っていると思います。

つまりよほど運が悪い人でなければ、
4大卒の人はほとんど条件を満たしてしまうという事に…

そう思った瞬間に貴重度がかなり減ってしまいましたね。

PageTop

仕事始め

今週の月曜日から仕事を始めました。
居宅介護支援事業所です。

はっきり言って何もわからないのですが、
たまたま新規の人がいたので担当にしてもらえました。
わからないので先輩ケアマネに教わりながらです。

初回のアセスメントのため、初日にいきなり訪問!
先輩ケアマネのお話を横で聞いていました。
しかし…書類の文書をそのまま棒読み…
利用者もよくわかってないようですが、そのまま流されながらハイと言うだけ…
いいのか、それで…??

30分くらいして終了。
まあ、面接は利用者の負担を考え、長くならないように…といいますよね。
そんなモンなのかな~と思いつつ、事業所へ帰ってきました。

2~3日して、あれじゃ~アセスメントが足りないだろ~と思っていたので、
周りに相談し、新たに訪問することにしました。今度は一人で。

その前に情報収集です。
利用者さんは3月1日まで病院に入院してました。
そこで特に注意すべき事などを聞こうと電話をしました。


私「○○さんの入院中の時などの情報を教えていただきたいのですが…」

MSW「○○さんは3月の8日に退院してますね~」

私「??(1日に退院しているはずなのに…)○○さんですよね?1日に退院したんじゃないんですか?私が6日に訪問したときには自宅にいたんですが…」

MSW「そうですね。6日の夜にまた入院したんです。入院の必要はなかったのですが、本人がどうしてもというので…」


全然聞いてないぞ!


初めての仕事なのでいささか戸惑っております。
みなさんこんなモンなんでしょうか?

PageTop

新たな資格

これからケアマネの仕事を始めますが、
それと平行して新しい資格を取っていきたいと思っています。

通信教育ですが、大学で社会福祉士などをとろうかと考え中です。

ケアマネの勉強を定期的にやっていたので、
試験が終わったあとで、勉強をやらなくなったことに対して、
なんだか物足りなさを感じています。

住んでいるところは田舎なので、特に遊びに行くところはありません。
お金もないので、何かができるといったことはないのですが…。

「鉄は熱いうちに打て」ということわざがあるように、
年をとって頭の回転が鈍くならないうちに、
取れるものはさっさと取ってしまう予定ですよ。

今は資料請求などで検討中です。

他にいい資格などがあったら教えてくださいね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。