まりんたまの徒然日暮

普段のことをなんとなく書いています。まったり進行。

ベトナムその7

さて、前回の続きのハイフォン市内です。

一休みして、こちらで買い物をしました。
IMG_1577.jpg




これは「バイン・ミー」という食べ物で、フランスパンに肉などを挟んで食べます。
IMG_1578.jpg



ここでもフランス植民地の影響が見られますね。

川辺で一休みです。
IMG_1580.jpg



河の向こうには、サット市場が見えます。
IMG_1584.jpg




この市場の周辺には、サット市場とタムバック市場があります。
IMG_1586.jpg



お店はこんな感じでした。
 IMG_1587.jpg



IMG_1589.jpg

IMG_1591.jpg



IMG_1592.jpg



IMG_1595.jpg


不思議な果物がいっぱいありました。

流石に食べる勇気はありませんでした。







夕食はハイフォン名物をいただきました。

こちらは、「バークー」という店で、結構有名みたいです。
 IMG_1897.jpg



日本人御用達なのか、日本語での広告も貼ってありました。
IMG_1899.jpg



入口のあたりで、揚げ物を作っていて食欲を刺激します。

IMG_1898.jpg



こちらではハイフォン名物の「バインダークア」と言うものを食べました。
IMG_1901.jpg



麺の中にすりつぶしたカニを混ぜてあるらしいです。
 IMG_1902.jpg



結構コリコリしてうまい!


ベトナムではこんな感じで、結構付け合せが出てくるんですが、食べきれませんよね。
 IMG_1903.jpg






夕食を食べ終わったあとは、おなじみのビアホイです。
IMG_1813.jpg




道路の真ん前で、バイクが行き交うのを見ながらのんびり飲みました。
IMG_1814.jpg



このソーセージみたいなものは、葉っぱにくるまれて出てきていたので、剥いて中身のソーセージをそれにつけて食べました。


 ほろ酔い気分で途中のお菓子屋さんでベトナムお菓子を買ってきました。
IMG_1904.jpg

安かったし、甘くておいしかったです。ホテルで食べてそのまま寝ました。



 帰りはハイフォンからハノイへ向かいます。

行きのときと同じように、バス停へ行ってVIPバスに乗ります。
 IMG_1917.jpg



HAI AUバスにはお世話になりました。
 IMG_1918.jpg





実は、ハノイへ帰る前にもう一箇所寄ったところがあったのですが、それは次回へ。

PageTop

ベトナムその6

今回は場所を移動して、ベトナム北部第2の都市ハイフォンへ行きます。

ザーラムバスステーションまで移動し、そこからハイフォン行きのバスに乗ります。
IMG_1804.jpg

建物に入って、左側に進んでいくと、「VIP HAI AU」というバス会社の窓口があります。
IMG_1805.jpg

ここでお金を払ってバスに乗っていくんですね。

値段は85000ドン(450円くらい)です。


ちなみに、反対側の右の方は、たくさんの窓口があります。
IMG_1806.jpg

その窓口の一番右端にも「HAI AU」 バスの窓口がありますが、こちらはVIPではありません。

ここでバスの受付をしてもハイフォンに行けますが、VIPよりも30分位時間がかかり、到着のバス停も違います。



ハイフォンではこちらのホテルでお世話になりました。

ホンハイホテルです。
108941417.jpg

一泊5000円位で結構きれいな部屋でした。
IMG_1807.jpg

一応、湯船はあったんですが、お湯は殆ど出ません。
IMG_1808.jpg

シャワーをあびるときは少しぬるいシャワーを我慢しないといけません。




ハイフォンでは街中をバスで移動します。

ベトナムの路線バスは、車掌さんがいます。
IMG_1553.jpg

運転手と別の人ですね。

この人に行き先を伝えて、お金を支払います。

意外にしっかりしていて、金額でボラれたことはありません。

よくわからないときは大きめの紙幣を出せばいいんじゃないんでしょうか。


バスで街中を移動していると、これらの看板を目にします。
IMG_1912.jpg

IMG_1913.jpg

IMG_1914.jpg

なんか、北朝鮮みたいですよね。

やっぱり社会主義国の雰囲気なんでしょうか。



まずは、ハイフォン博物館へ行きました。
IMG_1562.jpg

入場料金は5000ドン(約25円)。

いろいろなものが展示されていましたが、よくわかりませんでした。
IMG_1563.jpg

ただ、暑い日の中、湖の建物の中は涼しかったです。
IMG_1564.jpg


こちらは、ホー・チ・ミンさんですね。
IMG_1565.jpg

建物の反対側はこんな感じで広くなっています。
IMG_1566.jpg


こちらは「レチャン像」です。

街の建設に尽力した女傑の方だそう。
IMG_1570.jpg


ハイフォンの街中では、このような公園があります。
IMG_1573.jpg

そこで、おじさんたちは将棋?のようなゲームをしていました。
IMG_1572.jpg

やっぱりおじさんたちは平日昼間でも遊んでいるんだよね。


ハイフォンの中心地では「花市場」があります。
IMG_1576.jpg

このような、花を売っているお店が並んでいて結構きれいでした。


続きは次回。

PageTop

ベトナムその5

次の日には、ドンスアン市場行きました。

IMG_1713.jpg

おみやげも買わないとね。

ホアンキエム湖からドンスアン市場までの道と、ドンスアン市場の中はいろいろなものが売っています。

お土産写真の一覧です。

IMG_1921.jpg

IMG_1922.jpg

IMG_1923.jpg

IMG_1924.jpg

IMG_1925.jpg

IMG_1926.jpg

IMG_1927_20170906202119402.jpg

IMG_1928.jpg

IMG_1929.jpg

IMG_1930_20170906202121ff9.jpg

IMG_1931_20170906202122103.jpg


IMG_1932.jpg

IMG_1933.jpg

ベトナムでは交通機関としてバイクが主流ですから、バイクのヘルメットも売っています。
IMG_1934.jpg

女性用のヘルメットは、後ろ側にくぼみがあります。

ベトナム女性はポニーテールが多いので、当たらないように、このようになっているですね。

ポニテ万歳です。

IMG_1935.jpg

IMG_1936_20170906202124653.jpg

IMG_1937.jpg

IMG_1938.jpg

IMG_1939_20170906202137e43.jpg

IMG_1940_2017090620213847a.jpg

IMG_1941.jpg

IMG_1942.jpg

IMG_1943.jpg

IMG_1944.jpg

IMG_1945.jpg

IMG_1946.jpg

IMG_1947.jpg

IMG_1948.jpg

IMG_1949.jpg

IMG_1950.jpg

IMG_1951.jpg

IMG_1952.jpg

IMG_1957_201709062021402f8.jpg

生きのいいカエルさんも売ってました。

多分食べるんだよね…。




買い物のあとはデザートを食べました。

ベトナム版あんみつの「チェー」です。
IMG_1662.jpg

かき氷を入れてまぜまぜして食べます。
IMG_1663.jpg

メニューはこんな感じ。
IMG_1661.jpg


では続きはまた次回。

PageTop

ベトナムその4

ここらで、またタイムブレイクです。

ベトナムコーヒーを飲みました。

ベトナムではフランス植民地の影響で、コーヒー栽培が盛んです。

なので、コーヒーは現在のベトナムの名物と言っていいでしょう。

IMG_1497.jpg

コップの上にアルミの漉し器を置き、ゆっくり垂らします。

コップにはあらかじめ練乳が入れてあり、飲むときに自分でちょうどいい具合に混ぜるそうです。

ベトナムコーヒーは練乳を入れて飲むことを初めて知りました。


結構美味しかったので、他のお店でご飯後にまた注文してみました。

まあ、とりあえずはビールですよね。
IMG_1514.jpg

食後にコーヒーです。
IMG_1515.jpg

下に練乳が溜まっているのが見えます。
IMG_1516.jpg



夜も更けてきた頃に、水上人形劇を見に行きました。
IMG_1665.jpg

すごい混雑で、事前に予約をしておかないと厳しそうです。

私の場合は、ホテルのスタッフに相談したら「とっといてあげるよ」と言ってくれて、日中観光している間に、数日後のチケットを取ってもらいました。

当日に取ろうとすると、結構後ろの席になりそうです。


ここは、ホーチミン主席が子どものために作ったそうですが、今では大人ばっかりです。
IMG_1666.jpg

劇が始まると、脇にいる人達が演奏したり、歌を歌ったり、セリフを言ったりなどで盛り上げます。
IMG_1668.jpg

この劇は、ホアンキエム湖の伝説なのだそうです。

水の中なのに人形が軽やかに動いています。
IMG_1674.jpg

亀さんに剣を返すそうです。
IMG_1681.jpg

剣を返す → 環(カン)剣(ケン) → ホアン(環)キエム(剣) → ホアンキエム だそうで。

詳しくはググってください…。

終わったあとはお土産屋さんがあります。
IMG_1686.jpg

人形が売ってました。


人形劇を見たあとは、ベトナム名物「ビアホイ」へ行ってきました。

名物と言っても北部にしかなくて、南部のホーチミンシティには無いとかなんとか。

IMG_1691.jpg

IMG_1692.jpg

2件向かい合わせにあるビアホイに行きました。(2件ともね)

かわいいお姉さんが注文を取りに来てくれるので、メニューを見ながら注文です。
IMG_1695.jpg

IMG_1688.jpg


とりあえずビール。
IMG_1687.jpg

メニューの一番上の「Bia hoi」ってやつです。10000ドン(日本円で約50円)。


ビールは薄い感じがしますが、サラサラなので、グイグイいけます。

どうせ50円だし~と思ってグビグビ飲んでしまいますね。


それと、おつまみ。
IMG_1689.jpg

IMG_1693.jpg

ビールをどんどんおかわりをしていくと、どんどん「+1」が書き込まれていきます。
IMG_1696.jpg

結局、10杯くらい飲んで、いい気分になりました。

いい気分で帰っている途中で、喫茶店があったのでエッグコーヒーをまた頼みました。
IMG_1698.jpg

外国人にもわかりやすいように、英語表記がありがたいです。
IMG_1697.jpg


昼間の観光で歩き疲れていたし、酔いもあったので、ぐっすり寝られました。



続きは次回。

PageTop

ベトナムその3

ホアンキエム湖から続きです。

湖の真ん中あたりには小島があり、そこにも建物があります。

湖の橋を渡っていき、
IMG_1462.jpg

ここをくぐっていくと、
IMG_1463.jpg

玉山祠につきました。

IMG_1465.jpg

建物の中はこんな感じです。
IMG_1464.jpg

しかし、外の景色のほうが私には感動でした。
IMG_1466.jpg

天気も良かったしね。


次は、ホアンキエム湖周りです。

これはシクロという乗り物です。
IMG_1471.jpg

乗り物といっても、日本で言うところの人力車で観光客相手の乗り物でしょうね。

そこそこの値段がしそうだったので、見るだけで乗りませんでした。

自分の足で歩けるしね。

あとはお土産屋さんです。
IMG_1472.jpg

活気があっていいですね。


お昼ごはんですが、ホテルのおすすめで、こちらのお店で食べました。
IMG_1475.jpg

最初、お店の前に行ったら、店員さんが「も~~待ってたのにどうしたの?さあさあ、早く座って座って!!」みたいに言ってきたので、あれ?ホテルから紹介の電話でもあったのかなぁと思いましたが、この辺の店員のおばちゃんは誰にでもそんな対応でした。
びっくりした!

食べたのは名物の「ブン・チャー」です。
IMG_1473.jpg

おつゆの中に豚肉や野菜やそうめんみたいなのを入れて食べるようです。
IMG_1474.jpg

でも結構ボリュームがあるんですよ!

結局半分くらいしか食べられず残してしまいました。

ちなみに、ベトナム生活中のパクチーが辛かったようで、このへんで結構お腹がゆるくなってきています。


ご飯を食べたあとはまた観光です。



次は、タンロン遺跡です。
IMG_1763.jpg

といっても、世界遺産のはずなのに、驚くほど人がいませんでした。
IMG_1761.jpg

これはフランス軍の砲弾のあとらしいです。
IMG_1760.jpg

ベトナム戦争の傷跡ですね。


次は、ベトナム女性博物館に行きました。
IMG_1774.jpg

IMG_1766.jpg

IMG_1767.jpg

IMG_1769.jpg

IMG_1768.jpg

IMG_1770.jpg

ベトナムでは女性の活躍がすごくて、街でもいたるところで働いているのが見られます。

男は、働いている人もいますが、道端でビール飲みながら話をしているのが多かったですね。


次は、ホアロー収容所へ行きました。
IMG_1776.jpg

ここは、フランスによって作られた施設です。

IMG_1784.jpg

狭い部屋に沢山の人が押し込まれていたようです。

IMG_1780.jpg

多くのベトナム人が重要され、拷問や虐待を受けていたそうです。

IMG_1777.jpg

IMG_1778.jpg

しかし、フランス軍が去っていったあと、ベトナム戦争時代にはアメリカ兵などを収容するのに利用してしました。

アメリカ兵達は、皮肉って「ハノイ・ヒルトン」と呼んでいたそうです。


では、今日はここまで。

PageTop